• b-facebook
  • Instagram Black Round
Please reload

SEARCH BY TAGS: 

ぼかし肥料にロマンを感じて

May 1, 2018

 

ぼかし肥料の作り方を教わりに、三つ豆ファームさんにお邪魔して来ました〜

 

三つ豆ファームの山木さんは学生時代に微生物を学んでいたとのことで

とても親近感を抱いている有機農業の大先輩です。

 

 

ぼかし肥料とは、身近にある有機物を発酵させて作る肥料であり、

野菜がすぐに吸収できる即効性の成分から、ゆっくりと吸収できる形になる成分まで、

多様な成分が混在するマルチな循環型肥料です。

 

 

何より微生物好きな自分としては、自ら配合し、醸して作る肥料にロマンを感じてしまうので

独立後も実践したいと思い、今回は教えて頂いて来ました〜

 

 

まずはオカラを大豆の食品加工工場さんに頂きに。

国産大豆にこだわった 添加物も使わない食品製造に熱い思いのある会社でした。

 

ホッパーの下に軽トラをつけ、荷台に満タンになるまで詰め込む作業。

 季節外れのパウダースノーと大豆の良い香りに包まれました。

 

 

次に畑に戻って仕込みを開始しました

米ぬかと

 

 

オカラ

 

そして魚粕

 

これらをミルフィーユ状態で積み重ねていきます。

最終的に積み上がったのがこの小さな山。

 

 

これをしっかりと混ぜ合わせてこの日の作業は完了。

その後、水分を飛ばす目的と、好気性発酵を促す目的で攪拌を1日おきに行い

1週間〜10日ほど経ったらタンクに入れて保管、熟成させるとのこと。

 

 

 作業中や移動中にミクロからマクロまで様々なお話をさせて頂きましたが、

やっぱりこういう仕事をしているのだから自分自身が楽しんで仕事をしていることが一番大事で、

自分自身が楽しんでいるからこそ周りの人にも喜んでもらえたり興味を持ってもらえたりするのでは

という話にとても納得。

 

肥料を自前で作るなんて、とっても手間がかかること。

買った方が効率良いに決まっているのです。

 

でもやはり自分が興味をあってロマンを感じ、自前でできることであればやっていきたい。

ぼかし肥料はその一つとして、独立後には挑戦していきたいと思います。

 

いやしかし、オカラと魚かすと米ぬかの"良い香り"がぷ〜んと体についたまま、

この日は都内まで友人の送別会に参加してきましたが、大丈夫だったかな!?

 

 

 

〜今日も明日も一歩ずつ、トコトコと良い方向に向かいますように〜

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

関連記事:

最近の投稿: 

March 10, 2018

Please reload