明るく熱い料理人サーファーとの出会い



二週間ほど農業体験でさいのね畑に来てくれていたたかし君

22歳の頃に料理に目覚め、和食、イタリアン、フレンチ、ホテルなど様々なレストランなどで修行を積んできた彼。

サーフィンも趣味ということもあり、ここ一宮はピッタシ!ということでさいのね畑に来てくれたそう。

料理人の人とこんなに時間を過ごすのは生まれて初めてだったし、とても真っ直ぐではっきりとした人柄で、嬉しい出会いとなりました。

とってもファンキーな外見とは裏腹に、健康にはとても気を使っていて、流石に食材の知識や調味料について詳しく、教わる事も多かったです。

最後の日のランチで彼が作ってくれた自家製トマトソースのパスタは格別で、記憶に残るものとなりました。ありがとう!

「家で自分ひとりのためにご飯作る時でも手抜きする事ないの?」

と聞かれて、

「いや、それは無いっす」

ときっぱり即答していたのも印象的でした。

職人ですな

最近「これ、食べていいの?」という本を読み返して、

とことん食にこだわる生き方(今自分が目指している有機農業よりさらにディープな、狩猟と採集)

に触れたタイミングでもあり、本当に良い出会いでした。

6月からオーストリアにワーキングホリデーに行くとのこと。

目的は料理とサーフィン。

色々な経験をしてさらにパワーアップしたたかし君に再開できる日が今から楽しみです。

〜今日も明日も一歩ずつ、トコトコと良い方向に向かいますように〜


0回の閲覧

最新記事

すべて表示

レストランの語源と今後の役割

コロナに影響される外食産業の方向性について書かれた記事。 https://forbesjapan.com/articles/detail/34761 つくばにも美味しいレストランはたくさんあって、シェフそれぞれが色んな考えを持ってやられているのだろうな。 エリアを絞ると、私はつくばエクスプレスのみどりの駅から南東側のエリアに住んでいるのですが、新しく家が立ち並び、新しく事業を始める人も集まり、これ

味覚、心身の健康、子育て

フランスでも活躍する一つ星シェフの松嶋啓介さんの新著 「最強塩無し料理理論」を読みました。 タイトルはとっても過激ですが、伝えたい本質は、旨味の話。 といっても、料理本ではなく、健康のことや子育てのこと、そして社会の様々な問題に対して、食の視点から見た著者のフィロソフィーを感じられる内容で勉強になりました。 特に印象に残ったのは、五つの味覚について、アッパー系とダウナー系という表現をしていること。

  • b-facebook
  • Instagram Black Round