新しいスタート徒然 野菜と人と


年が明けてさいのね畑に新しい研修生、恒川京士(ツネカワ アツシ)君が加わりました〜

同い年で海外経験もあり、1児の父であることなど、共通点も多く良い刺激をもらいながら新年のスタートが切れています。

半年とは言え、先輩として伝えるべきこともあるので、

なんとなく頭に残っていた山本五十六の名言を調べて見ました。

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」

って言葉です。

自分自身も半年前、ずっとオフィスワークだった環境から、体と手を動かして仕事をする環境へ変化し、

一通り慣れるまでにけっこう時間がかかりました。

そんな中でも、良い見本を見せてもらったことは吸収が速かったと思います。

(当たり前なことですが)

なので少しでもこの名言を実践していけたらなと思います。

で、このフレーズには続きがあったんですね!

「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。」

(参照元:http://www.ym56.net/meigen.html

なんというか、上記の名言が実践できる人ばかりだったら

どんな組織でもみんなとても満足感に満ちてハイパフォーマンスになるのではなかろうか。

子育ても同じかな!?

それはさておき、畑では

11月、12月に苦労して防寒対策のトンネル掛けなどをして育ててきた葉野菜が綺麗に育ってきたり、

いよいよ春に向けた苗作りがスタートしたり、と

新たなワクワクに向けた動きが出てきましたよ〜

ビニールトンネル内の春菊。

出荷まではもう少しだけど、我慢できずにその場でパクッ! 

美味すぎる


こちらはキャベツの発芽


こちらはレタス


ほうれん草


9月生まれのヒヨコ達もこんなに大きくなりました。

卵を産んでくれるようになるまで、あと2ヶ月前後くらいかな!?


1年のうちに何回も新しいスタート、新しい生命の芽吹きと成長に触れられるというのは、

農業の幸せなところ。

明日も幸せ噛み締め、夜明け前から働きますよ〜

〜今日も明日も一歩ずつ、トコトコと良い方向に向かいますように〜

#研修日記

0回の閲覧
  • b-facebook
  • Instagram Black Round