新年、明けましておめでとうございます。


皆様、新年明けましておめでとうございます。


年が明けるというのは、気持ちをリフレッシュさせるとても良い機会ですね。

2017年は本当に大きな変化の年でした。

そして2018年も、ワクワク感と引き締まった気持ちを持って

さらに変化し続けて行きたいと思います。

初心忘るべからずということで、方向転換を決めた当初の投稿を再掲させて頂きます。

(以下、2017年5月にFacebookに掲載した決意表明を再掲)

突然ですが大切なご報告があります。(長文失礼します)

6月末付けで、新卒から9年間お世話になった千代田化工建設を退社させて頂くことになりました。

今後は、有機農業での独立を目指し、行動していきます。

具体的には、7月から千葉の九十九里、一宮という地にある「さいのね畑」さんにて 1年間研修をさせて頂き、その後、独立就農という流れで考えています。

えっ、なんで? と思われる方も多いかも知れませんが、 ここ2~3年の間、人生について考え直すきっかけが多々あり、 自分の中に眠っていた価値観が再燃したこと、新たな価値観が生まれたことがこの決断に至った理由です。

結婚から台湾、カタールでの単身赴任、そして赴任先での妊娠の知らせ、娘の誕生 などを通して家族との関係について考え直したこと、

台湾で出会った独立開業して頑張っている同年代の方、明るく楽天的な台湾人の仕事仲間、

「動植物と通じ合うことが好きなんだ!」ということを思い出させてくれた台湾でのボランティア活動とそこで出会った方々。

石垣島、西表島の旅、そこで出会った方々。

それから、ここ3年ほどの間に出会った数々の本。

「人・旅・本」との新しい出会いを繰り返すことによって自分の価値観がどんどん変化してきた結果です。

安定した収入からは離れ、未知の扉を開け、丸っきりゼロからスタートすることに対するドキドキ感。 一家をしっかり支えて行かなきゃという責任感。

日本も世界もどんどん変化していますが、自分も常に変化し続けて行きたいという気持ち。

産まれてきてくれた子供にも活き活きとした姿を見せ続けて行きたいという決意。

いろんな気持ちが入り混じっています。

それから何より、こんな大それた決断を理解してくれた妻のhonda mariに大感謝。 自分も実力つけて、ピラティスやバレエの指導を通じて健康に携わっている眞梨とのコラボも思い描いています。

しばらくご心配をおかけするかもしれませんが、温かい目で見守っていただけますと幸いです。

★「さいのね畑 (http://www.sainone.com/)」さんは 無農薬・無化学肥料栽培での野菜や、ハーブ、平飼い養鶏による最高のタマゴをお届けしている素敵な農家さんです。 初めてお会いした時に、とても誠実なお話をして下さったことが研修をお願いする大きな要因でした。 さらに偶然、これは後から知ったことですが、さいのね畑を経営されている竹川英識さんは 中学・高校の7つ上の先輩、進んだ大学も同じ、さらに小学校の時に通っていたマイナーな塾も同じという ありえないような縁も後押しすることとなりました。

〜今日も明日も一歩ずつ、トコトコと良い方向に向かいますように〜

#内にあるもの

1回の閲覧
  • b-facebook
  • Instagram Black Round