いま、このときを懸命に生きる ことの魅力


久しぶりに農業関連本以外の読書。

稲盛和夫さんの「生き方」サンマーク出版


〜「ただいま、この時を必死懸命に生きる」の章より〜


野菜の種を蒔く。

数日後に芽が出る。

小さく、可愛い双葉がピンと立って、元気な様子。

なぜかいつも見とれてしまう自分がいる。

毎朝、ニワトリの世話に行くと、100羽が一斉に駆け寄ってくる。

お腹空いたー、と。

エサをやる。

みんな一斉につつき始める。

無我夢中にひたすら。

すごいスピードで首を上下に振りながら、クチバシを開けたり閉じたり。

なぜかいつも見とれてしまう自分がいる。

見とれてしまう理由が見事に言語化されていたので引用させて頂きました。

野菜もニワトリも「自然界」ではないけれど、そこから感じ、学ぶこともある。

明日も向き合っていく。

〜今日も明日も一歩ずつ、トコトコと良い方向に向かいますように〜


0回の閲覧

最新記事

すべて表示

レストランの語源と今後の役割

コロナに影響される外食産業の方向性について書かれた記事。 https://forbesjapan.com/articles/detail/34761 つくばにも美味しいレストランはたくさんあって、シェフそれぞれが色んな考えを持ってやられているのだろうな。 エリアを絞ると、私はつくばエクスプレスのみどりの駅から南東側のエリアに住んでいるのですが、新しく家が立ち並び、新しく事業を始める人も集まり、これ

味覚、心身の健康、子育て

フランスでも活躍する一つ星シェフの松嶋啓介さんの新著 「最強塩無し料理理論」を読みました。 タイトルはとっても過激ですが、伝えたい本質は、旨味の話。 といっても、料理本ではなく、健康のことや子育てのこと、そして社会の様々な問題に対して、食の視点から見た著者のフィロソフィーを感じられる内容で勉強になりました。 特に印象に残ったのは、五つの味覚について、アッパー系とダウナー系という表現をしていること。

  • b-facebook
  • Instagram Black Round