台風21号


台風22号が明日の夜にも関東地方に最接近しそうですが、

前回の台風21号について。

農業を志して初めての本格的な台風。

露地栽培の野菜はダメージを受けたものも。

記録の意味も込めて、いくつか写真とともに書き留めておこうと思います。

どれも台風明け、10月23日に撮影したものです。


通勤途中の田んぼ。湖状態。

収穫はとっくに終わっているので被害は無いけど、重要な貯水機能を果たしてくれているのを実感。


取れ始めの葉物達。リアスからし菜など、風でだいぶ倒されていました。

それでも翌日には結構起き上がってきて強い生命力を見せてくれています。

塩害の影響も観察されているので、要ウォッチな状況です。


秋ジャガ。

葉が黒く変色しているのは塩害と考えられます。

残った葉でたくさん光合成して芋を増やしてくれー


葉が大きく育って順調だったブロッコリーやカリフラワー。

防虫ネットの中でも倒されたー

斜めでも力強く生き続けてくれているので、美味しい花蕾をつけてくれるのを期待して待とう


こちらも結構葉が倒されたねぎ。

全て手で起こしました。

まだまだ成長して復活してくるはずなので、こちらも生命力を信じよう


そんな嵐にも全く負けず、何事もなかったかのようにグングンと成長しているのはセロリ。

塩害にも強いらしいのです。

露地栽培において、台風に対して取れる対策ってほとんど無くて、植物達の生命力頼み。

大自然の営みはコントロールできない。

でもダメージケアの手助けはできる限りする。

力強く生き残った野菜を収穫してお客様にお届けする。

自分も力強い野菜を食べてたくましくなる。子供を育てる。

また台風が来てもできることをする。

できないことはできない。

収穫してまたお客様にお届けする。

自分も野菜を食べる。

たくましく生きる。

〜今日も明日も一歩ずつ、トコトコと良い方向に向かいますように〜


0回の閲覧

最新記事

すべて表示

レストランの語源と今後の役割

コロナに影響される外食産業の方向性について書かれた記事。 https://forbesjapan.com/articles/detail/34761 つくばにも美味しいレストランはたくさんあって、シェフそれぞれが色んな考えを持ってやられているのだろうな。 エリアを絞ると、私はつくばエクスプレスのみどりの駅から南東側のエリアに住んでいるのですが、新しく家が立ち並び、新しく事業を始める人も集まり、これ

味覚、心身の健康、子育て

フランスでも活躍する一つ星シェフの松嶋啓介さんの新著 「最強塩無し料理理論」を読みました。 タイトルはとっても過激ですが、伝えたい本質は、旨味の話。 といっても、料理本ではなく、健康のことや子育てのこと、そして社会の様々な問題に対して、食の視点から見た著者のフィロソフィーを感じられる内容で勉強になりました。 特に印象に残ったのは、五つの味覚について、アッパー系とダウナー系という表現をしていること。

  • b-facebook
  • Instagram Black Round