サッカーで培った間接視野と農作業


農作業中は、一人に畑の中を動き回ることが多いので、

何かと頭に考えや言葉が浮かんでは消え、浮かんでは消え しています。

収穫時に頭をよぎることがよくある言葉の一つが

「直接視野と間接視野」

なんのことやら!? と思う人も多いかもしれません。

これは自分が長年やってきたサッカーで使われている言葉です。

(バスケやテニスでも使われているのかな!?)

サッカー選手は、ドリブルをしながら遠くの味方の配置やゴールの位置を確認することがあります。

例えばこの時、

両目の正面で焦点を合わせている遠くの味方を捉えている視野が「直接視野」。

焦点は合っていないけれども眼下に”なんとなく"ボールを捉えている視野や、左右からの敵の接近などを警戒している視野を「間接視野」と呼んでいます。

ボールを「直接視野」でずーっと捉えていたら、周りの状況を確認できないので、敵の接近に気づかずにボールを奪われて知ったり、

味方の位置をよく把握できず、チームプレーに支障をきたしたりしてしまいます.

なので、「間接視野を上手に意識しよう」 なんて指導が少年サッカーの現場で今も行われているのではないでしょうか。

この「間接視野」という考え方、収穫時にもとても大事なんです。

例えばオクラの収穫では、1本のオクラの木から収穫しては隣に移動する 

ということを繰り返しながら、約40mの畝を往復していきます。

しかし、その日に、収穫に適したサイズの実があるのか無いのか!?

それが高いところにあるのか低いところにあるのか!?

はそれぞれの木によってバラバラ。

写真で見るとこんな感じです。


大小色々な大きさのが色んな高さに

(写真は、スターオブデイビッドという品種。

普通のオクラより太めで、食べごたえがあって美味しい!)


そんな状態の木がズラーっと並んでいます

ハサミで収穫する瞬間は「直接視野」で捉えるのですが、

1つの実を収穫している間に、隣の木の実の位置をなんとなく捉えていると、動作の移行が少しスムーズになるんです。

それを可能にするのが「間接視野」の活用。

この「間接視野」を意識するかしないかで、1本当たりの収穫時間にそれほど差は出ないかもしれないけど、数百本の木から収穫すれば数分の差になるはず

と思いつつ、長年のサッカーでついたクセがこんなところにに出ているのが純粋に面白い。

あなたの日常生活でも、この「間接視野」を生かせる場面があるかもしれませんね!

〜今日も明日も一歩ずつ、トコトコと良い方向に向かいますように〜

#研修日記

0回の閲覧
  • b-facebook
  • Instagram Black Round