農業用機器 ~機械を扱う喜び~


ちょっと前の話ですが、研修で初めて扱った農機具は”マルチャー”というものでした。


現代農業において重要な役割を果たしている、”マルチ”というビニールのようなものを土に設置するためのもの。

このマルチ(英語:mulching(土面被覆という意味の用語))、様々な効果がある優れものなのです。

・土の温度を高めることで野菜の生育を助ける

・土の中の湿度を保つ

・雑草防除(カバーされている箇所には雑草が生えない)

・肥料の地下への浸透を軽減できる

  などなど。他にもいくつかあります。

これだけ色んな効果があるのなら、”mulchi”ではなく”multi”の方がふさわしいのでは!?

話が脱線しましたが、何が言いたかったかというと、

このマルチャーという機械を扱う体勢がなかなかの”体幹トレーニング”!

写真は多少大げさな部分もありますが、こんな体勢になることも。

これで腹筋ローラーいらず。

体幹トレーニングの本を出しているサッカー日本代表の長友選手にもオススメしたい。

他にもいくつかの農機具を使用しています。

自分は元々化学出身のエンジニアでしたが、前職では機械系の専門家とも密に仕事をさせて頂き、

教わったことも多いです。

ただ、これまでは概念的な話であったり、

図面上やパソコン上で考えたり話し合ったりすることが多かったので、

今、実際の機械を動かすのはとても楽しい。

“頭と手”が繋がるというか、

”知識と実践”が繋がる喜び。

そんなことも感じながら日々過ごしています。

マルチ、もっと綺麗に張らなくては!

〜今日も明日も一歩ずつ、トコトコと良い方向に向かいますように〜

#研修日記

  • b-facebook
  • Instagram Black Round