2018/07/07

6月末日をもって、さいのね畑での1年間の有機農業研修、無事終了、卒業しました。

たくさんのお野菜と出会い、人と出会う中で、農とともに生きることの素晴らしさを再確認し、

またその奥深さに一歩足を踏み込んだ、そんな感触です。

心・技・体、全てが高いレベルで要求され、自然現象と植物に向き合うスリルとワクワク感。

勤務最終日が6/29で、6/30に荷造り、7/1に軽トラと、兄が借りてきてくれたハイエースで茨城県つ...

2018/05/01

ぼかし肥料の作り方を教わりに、三つ豆ファームさんにお邪魔して来ました〜

三つ豆ファームの山木さんは学生時代に微生物を学んでいたとのことで

とても親近感を抱いている有機農業の大先輩です。

ぼかし肥料とは、身近にある有機物を発酵させて作る肥料であり、

野菜がすぐに吸収できる即効性の成分から、ゆっくりと吸収できる形になる成分まで、

多様な成分が混在するマルチな循環型肥料です。

何より微生物好きな自分としては、自ら配...

2018/04/24

有機農業で大変な作業の一つが除草

そう、草むしりです。

条間の除草については、昔ながらの三角ホーやけずっ太郎など、

色々と便利なグッズがあり、手で1本1本雑草を抜く作業に比べれば格段に楽に速くできます。

 けずっ太郎

下の図のように、条間は作物の植わっていない直線が長いため、50mでも100mでも、

上記のグッズを真っ直ぐに連続的に使えるためです。

しかし株間除草については、連続的に行えません。

例えば株間5cm...

2018/04/08

先日、「タケノコ掘り」というワードに惹かれて野田さんのお家へ遊びに行かせて頂きました。

インターンとして、そして今は週に2回さいのね畑で一緒にお仕事をさせて頂いている人生の先輩です。

一宮の山の中。

背中には杉林。脇には竹林と自家菜園&鶏小屋。

正面には梨や桃、柑橘類の木。

この日はニワトリを庭に解き放していました。

人が多く、獣に襲われる心配の無い時だけの特別なご褒美。

自由に歩き回って地面を突っつき突っつき...

2018/03/27

さいのね畑、毎年恒例味噌作り

年が明けて以来、まだかまだかと思いながら農作業をしていましたが

ようやく先日味噌作りをすることができました。

一昨年漬けた味噌は何度かお裾分けをいただきましたが、

とても味わい深く、心と胃に染み渡る味噌汁を楽しむことができていました。

材料はもちろん無農薬、無化学肥料の大豆とお米

さいのね畑の栃木時代からご縁でお届け頂いたもの

大豆は加治屋在来というとっても綺麗な品種

お米は入手した...

2018/03/20

やっぱり春といえばお花の季節

畑や周辺の空き地でも冬を乗り越えた雑草達も子孫を残そうと、咲かせる花が増えてきました。

よく見るのはオオイヌノフグリ

ホトケノザ などでしょうか

秋から冬にかけて畑の作物の中でも、アブラナ科のもの達は続々と花を咲かせました。

白菜

小松菜 

リアスからし菜

ちぢみ菜 

大根 

元々の草丈の3倍〜5倍程度でしょうか、ぐんと背を伸ばして全く異なる姿に。

もちろん、時期をずらしながら作付けをして...

2018/03/03

早く暖かくなって欲しい!

という気持ちから春を待ち望んでおりましたが、今週は気候の変化を強く感じた1週間となりました。

木曜日は朝から暴風雨。

雨が止んだ後は強い日差しが差し、20℃近くまで気温が上がるというオマケつき。

保温のために設置しているビニールトンネルは

換気をしてあげないと高温により野菜が死んでしまうので、

収穫作業なども忙しい中、急遽トンネルの裾を上げる作業に追われました。

これが春一番かー

これま...

2018/02/11

鳥獣被害という言葉もありますが、実は野鳥が結構好きなのです。

農業を始めて、東京や横浜などで生活していた頃よりも野鳥を見る機会が増えたことは結構嬉しい点です。

そして、毎日外で作業しているからこそ感じる彼らの変化も。

1月、2月の彼らの行動範囲は、夏、秋と比べて明らかに変わってきているようです。

畑で作業をしていれば、必ずハクセキレイが後ろをチョコチョコ歩いて地面を突っついていたり。

これまでは見なかったカ...

2018/02/03

昨年の7月からスタートした有機農業研修。

何度この言葉を使ったことか

「あっという間」に7ヶ月が経ちました。

開始当初と比べると色々なものの見え方が変わってきたり、

手の指の形が変わってきたり、とにかく、自分自身、常に変化しているのではないかと思います。

でも、野菜達の1年のサイクルはあまり変わらない。

関東の中でも比較的温暖なここ一宮では1月より夏野菜の種まき(育苗のため)を初めています。

さいのね畑のお客様...

2018/01/27

ここ数日の寒波。

外での作業には完全防寒で臨みました〜

でもどうしても素手でやらなくてはならない作業時は寒かった〜

さて先日は、比較的温暖なここ一宮でも雪が積もりました。

さいのね畑がこの地に移ってきてから最大の積雪だそうで、珍しいことのようです。

ここよりは寒い地域での就農を目指している自分にとっては、

雪の畑への影響を見ることのできる貴重な機会だったので、

オフ日でしたが朝イチで全ての確認をしに行きました。

...

Please reload

1982年に渋谷で生まれ、その後豊島区、国分寺市、立川市などで育った東京生まれ東京育ち。

2017年6月をもって、9年間勤めた大手プラント建設会社を退職し、有機農家としての独立を目指すことに。

2017年7月から1年間、千葉県の九十九里南部、一宮という地にある"さいのね畑"(http://www.sainone.com)にて実践的な有機農業の研修を受ける。

2018年7月より茨城県つくばみらい市で有機農業にて独立就農。

​→プロフィール

Please reload

Please reload

最新記事